レンタルオフィス 住居も事務所も立地条件が大切です。

事務所の立地条件はビジネスに大きな影響を与えます。好立地条件のオフィスで仕事をすることは大切です!

TOP 賃貸事務所 賃貸事務所やレンタルオフィス 賃貸事務所を選ぶのに重要な坪数

目次

  1. 賃貸事務所を選ぶのに重要な坪数
  2. レンタルオフィスから賃貸事務所へ
  3. コロナ禍でレンタルオフィスで気を付けること
  4. 広さに余裕がある大阪のレンタルオフィスとか賃貸オフィス

賃貸事務所を選ぶのに重要な坪数

賃貸事務所の坪数は探す時に決める必要がありますが、現在使用しているオフィスの面積を調べることで、必要な面積がどれぐらいかを把握することができます。

賃貸事務所の契約面積には、2通りの表示方法があり、エレベーターホールや給湯室、廊下やトイレなどを含んだグロス契約と事務所のみを契約面積としてネット契約があります。

前の賃貸事務所や賃貸オフィスがネット契約の場合は、移転するオフィスがグロス契約の場合、前のオフィスよりも大きめのスペースの事務所を借りる必要があります。

グロス契約とネット契約の賃貸事務所のどちらか見分ける方法として、グロス契約の場合、中小型ビルなどが多く、ネット契約は大型ビルに多い傾向があります。

大阪でレンタルオフィスを借りる前に「レンタルオフィス 大阪」でチェック。

レンタルオフィスから賃貸事務所へ

レンタルオフィス業界は新型コロナウイルスの影響で大きく揺らいでいます。2020年前にはレンタルオフィスの大手WE WORKがすごい勢いでソフトバンクが出資したりもしていました。

新型コロナウイルスの影響により、レンタルオフィスの特にシェアオフィスは大幅に利用率が低下しています。それはシェアオフィスを利用することでの新型コロナウイルス感染を危惧するからです。

多くの方が賃貸事務所よりもレンタルオフィスのシェアオフィスの方が、不特定多数とまでは言いませんが、社員以外の方の接触が多いと考えるからでしょう。

レンタルオフィスにおいてはかなりの新型コロナウイルス対策を行っているので予想するほどリスクはないとは思いますが、賃貸事務所の家賃が下がっていることもあり、レンタルオフィスから賃貸事務所に変更するというところもあるようです。

コロナ禍でレンタルオフィスで気を付けること

コロナ禍でレンタルオフィスで仕事をする場合気を付けるといいこと。それは手洗いやマスクの着用です。賃貸事務所の場合ですと、空気清浄機や換気を自分でコントロールできますのでより用心して仕事をすることができますが、レンタルオフィスの場合はそうではありません。

その中でいかにして新型コロナウイルスの感染を防ぐか?ということになります。レンタルオフィスですので大声で叫ぶことも飲食をすることも通常できませんので感染リスクは少ないでしょう。

しかし、多数の方が利用しますのでどうして利用者の中に感染者がいる可能性があります。そうなると感染者がいるかもしれないと前提で、レンタルオフィスを利用するしかありません。

そこでするべきことは手洗いの徹底とマスクの着用です。シェアオフィスを利用する場合は特に気を付けて行うことが大切です。レンタルオフィスを運営する側も可能な限りの対策を行うのでそれほど恐れるようなことはないでしょう。

広さに余裕がある大阪のレンタルオフィスとか賃貸オフィス

物件の広さや利用する人数により広さに余裕のある大阪のレンタルオフィスとか賃貸オフィスもあります。大阪のレンタルオフィスとか賃貸オフィスを利用するなら、広い方がいいと考える人が多い様です。

しかし、大阪のレンタルオフィスとか賃貸オフィスは、広い物件を選ぶと快適に仕事を行う事ができますが、その分賃料がアップしてしまう事もあります。

ですので、大阪のレンタルオフィスとか賃貸オフィスを選ぶのであれば、広さと賃料のバランスが重要です。その他の条件についても条件を満たしている必要があります。

詳しい物件情報を確かめた上で、ベストな大阪のレンタルオフィスとか賃貸オフィスを選びましょう。

賃貸事務所や賃貸オフィスについての関連記事

メニュー

TOP レンタルオフィス レンタルオフィス 大阪 バーチャルレンタルオフィス レンタルオフィスの利用業者 賃貸事務所や賃貸オフィスの礼金

レンタルオフィス

賃貸事務所と賃貸オフィス